ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
中国大使館における一般旅券の査証および認証の直接申請中止についてのお知らせ(2016-09-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > 教育と留学生交流
駐日大使館が2017年第1回日本大学生訪中団の壮行会(2017-03-30)
程大使,住友商事奨学金受給留学生と会見(2017-02-24)
中国大使館教育処が2017年中日教育交流新年会開く(2017-01-26)
日本の大学生京劇団の訪中公演成功(2017-01-13)
中国大使館で「2016年度新疆籍優秀自費留学生奨学金」授与式(2016-11-07)
駐日中国大使館が2016年第3次大学生訪中団の壮行会(2016-09-12)
駐日中国大使館で「2016中国小大使」訪日歓迎会(2016-07-21)
程永華駐日大使,ユニクロ奨学生と会見(2016-05-24)
駐日大使館で2015年度国家優秀自費留学生奨学金授与式(2016-05-06)
中国大使館で「2015年度新疆籍優秀自費留学生奨学金」授与式(2016-05-06)
駐日大使館,創価大学中国研究会訪中団報告・交流会を開催(2016-01-19)
駐日大使夫人の汪婉参事官が第33回全日本中国語スピーチコンテスト出席(2016-01-18)
在日本中国大使館が日本中国留学卒業生交流会2015を開催(2015-12-24)
駐日大使館で2015年第4次日本大学生訪中団壮行会(2015-12-09)
駐日大使館で中国大学生代表団のための座談会(2015-12-02)
程永華大使,第10回「全中国選抜日本語スピーチコンテスト」決勝進出者と座談会(2015-07-28)
中国大使館で「2014年度新疆籍優秀な自費留学生奨学金」授与式(2015-07-06)
第8回中国青年トヨタ環境保護助成活動スタート 申し込み受け付け(2015-06-08)
駐日大使館が2014年留学者春節レセプション(2014-01-29)
駐日大使館教育部,学友会幹部の新年交歓会開く(2012-12-27)
韓志強公使,「新疆出身者優秀自費留学生奨学金」授与式に出席(2012-12-27)
程永華駐日大使,在日中国人留学生の国慶節・中秋節懇親会に出席(2012-09-29)
程永華駐日大使,「第7回中華全国日本語スピーチコンテスト」決勝出場の中国大学生代表団と会見(2012-07-30)
駐日大使館で「2011年度優秀自費留学生政府奨学金」支給式(2012-05-30)
第10 回"漢語橋"世界大学生中国語コンテスト(2011-05-23)
第4 回「漢語橋」世界中高生中国語コンテスト(2011-05-23)
17期5中総の精神に学び,駐日大使館教育部が「日本留学生『12・5計画提案』テーマ座談会」を開催(2010-12-06)
中国大使館教育部が中秋・国慶節レセプション 留学生ら130人余り出席(2010-09-28)
東京で大連市海外ハイレベル人材募集説明会(2010-08-31)
早稲田大学で中日青年友好文化交流大会500人余り出席
程永華大使 東京大学「清華大学ウイーク」の開幕式に出席(2010-05-22)
「東京大学における清華大学ウィーク」開幕
第3回「漢語橋」世界中高生中国語コンテスト東日本地区予選大会実施要項
第9回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト東日本地区予選大会実施要項
第2回「漢語橋」世界中高生中国語コンテスト東日本地区予選順調に実施
第8回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト東日本地区予選成功裏に実施
トピツクス
2017年両会
中国共産党第18期中央委員会第6回全体会議
G20杭州サミット
  一覧...
リンク
  駐日本国総領事館
  中央省庁
  マスメディア
  その他
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
中国大使館における一般旅券の査証および認証の直接申請中止についてのお知らせ(2016-09-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > 教育と留学生交流
駐日大使館が2017年第1回日本大学生訪中団の壮行会
2017/03/30
 

    3月22日、駐日中国大使館は2017年第1回日本大学生訪中団の壮行会を開いた。これには郭燕・公使および大使館の関係部署の若手外交官代表が出席した。訪中団団長を務める日中友好協会の酒井哲夫副会長、岡崎温理事長および全国各地の30余りの大学から100人の学生が参加した。

    郭公使は次のようにあいさつした。中日両国は一衣帯水の隣国で、2千年余りの友好交流の歴史がある。近代以降、両国間には一時期不幸な歴史があった。1972年、中日は国交正常化を実現し、両国関係は新たな1ページを開いた。近年、周知の原因により、中日関係は一度深刻な困難にぶつかった。双方の共同の努力の下で、現在、両国関係は徐々に改善の軌道を歩んでいるが、依然として幾つかの複雑で敏感な要素が存在している。今年は中日国交正常化45周年で、来年は「中日平和友好条約」締結40周年にあたり、両国にとって、これは「過去を振り返り、将来に思いをめぐらす」重要な節目となる。双方がこれを契機に両国関係の改善・発展を推し進めるよう希望する。中日友好の基礎は民間にあり、「民で官を促す」ことは両国関係の良き伝統である。青少年交流は中日民間交流の重要な一環であり、国民感情の改善と両国関係の発展に重要な役割を持っている。中国政府は両国の青少年交流を非常に重視しており、日本各界の有識者と共に、両国の青少年交流を積極的に後押しすることを願っている。

    郭公使は次のように表明した。この団は日本の大学生による今年初めての訪中団だ。団員は全国各地の大学から選ばれたもので、大多数が初めての中国訪問となる。北京、上海、山東を訪れ、故宮、孔子のふるさと曲阜を見学し、中国の高速鉄道を体験し、中国の経済、社会の発展と歴史・文化の視察があるだけでなく、中国の大学生との交流もあり、今回の訪問が学生たちに深い印象を残すことになると信じている。皆さんが少しでも多く見て、聞いて、感じて、中国の若者と交流し、自らの実際行動で両国大衆、特に若者の間の相互理解と友好的感情を増進するために架け橋の役割を果たすことを希望する。

    酒井団長はあいさつの中で、中国が日本の大学生を招き、日本の若者が中国に触れ、中国を理解するための貴重な機会を与えてくれたことに感謝の意を表すと共に次のように述べた。1972年、日中両国の古い世代の政治家と民間の友好的人々の共同の努力の下で、両国は国交を回復させた。日中国交正常化45周年と来年の「日中平和友好条約」締結40周年にあたり、双方は過去を振り返り、現在を把握し、未来を展望し、日中関係の改善・発展を推し進めるべきだ。団員たちが今回の訪問を通じて、中国に対する理解を深め、日中友好に貢献するよう希望する。

    岡崎理事長は次のようにあいさつした。中国の招きに応じ、日中友好協会は2014年からすでに多くの日本学生代表団を中国に送り込んでおり、日中両国青年の相互理解と友好的感情を効果的に増進させた。皆さんが2017年に初めて訪中する日本の大学生の代表として、中国の同世代の人たちとたくさん触れ合い交流し、中国を進んで理解し、「友情の輪」を広げ、それと同時に中国で見たこと、感じたことを日本に持ち帰り、身近な人々に中国を積極的に紹介、宣伝し、日中友好の使命を自発的に担い、両国友好事業のために少しでも力を尽くすことを希望する。

    大学生代表は発言の中で次のように表明した。今回の訪中における皆の共通の願いは本当の中国を自分の目で見るとともに、この貴重な機会を利用し、中国の同年代の人たちとより多く交流し、中国に対する認識と理解を深め、自分の「中国観」を作り上げることであり、同時にまた、中国に日本を紹介し、双方の相互理解を促すように努力していきたい。今回の訪中が私たちの今後10年、20年の人生に影響を与える重要な第一歩となることを希望する。

    一行は3月23日から29日まで中国を訪れる。大使館の招きにより日中友好協会が派遣し、中日友好協会が受け入れる。