ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
中国大使館における一般旅券の査証および認証の直接申請中止についてのお知らせ(2016-09-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > メディア案内 > 中国取材
入国地と出国地が異なっても返還手続き可 海外記者の取材器材保証金
外国記者の新中国建国60周年祝賀行事取材の申し込みについて
新取材条例について外交部が記者会見 常駐外国報道機関と外国人記者(2008-10-18)
中華人民共和国常駐外国報道機関及び外国人記者取材条例<全文>(2008-10-18)
中国、外国報道機関・記者取材条例を公布(2008-10-18)
外国人身体検査記録(両面)
北京オリンピック及び準備期間中の外国人記者の中国取材に関する規定(2006-12-01)
北京五輪期間外国人記者の取材・報道規則について(2006-10-24)
トピツクス
中国共産党第18期中央委員会第6回全体会議
G20杭州サミット
南海問題
  一覧...
リンク
  駐日本国総領事館
  中央省庁
  マスメディア
  その他
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
中国大使館における一般旅券の査証および認証の直接申請中止についてのお知らせ(2016-09-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > メディア案内 > 中国取材
入国地と出国地が異なっても返還手続き可 海外記者の取材器材保証金

    中国税関総署は12日、海外(域外)の記者が取材器材を国内に持ち込む際に徴収される保証金について、入国地と異なる出国地でも返還手続きをとれることを改めて明らかにした。昨年、海外の記者5人がこの手続きを取った。

    中国税関の規定によると、海外の記者がカメラなどの取材器材を中国に持ち込む場合、税関に保証金を納める必要がある。取材を終え器材を持って出国する際に保証金は返還される。出国地が入国地と異なる場合でも保証金の返還手続きをとれる。例えば南京から入国し、その際に取材器材の保証金を納め、北京から出国する場合、北京の税関に保証金の返還を申請できる。入国した南京に戻って返還の手続きをとる必要はない。

    2008年10月、国務院は「中華人民共和国常駐外国報道機関・外国記者取材条例」を公布した。税関総署は実情にあわせて、一連の付帯措置を検討、策定し、記者の取材器材の通関手続きを簡素化するため努力しており、昨年10月1日から出国地が入国地と異なる場合でも保証金の返還手続きができることを明確にした。

    中国税関の規定を知らない海外の記者が、取材器材を持って円滑に出入国できないのを回避するため、税関総署は「税関の外国記者携帯取材器材通関ガイド」をまとめ、配布した。各地の税関もさまざまな方法で関連規定と通関サービス措置を積極的に説明し、入国地と出国地が異なる海外記者の利便を図っている。    (北京1月12日発新華社)