ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
程永華駐日大使と村山富市元首相が友誼之木石碑の除幕
2017/04/26
 

    4月13日、程永華大使と村山富市元首相は中国大使館構内で友誼之木石碑の除幕を行った。大使夫人の汪婉・友好交流処参事官、大分人材育成・地域文化交流協会の後藤佐代子会長ら大分県の友好的人々が除幕式に参加した。友誼之木は大分県の木、豊後梅で、昨年4月に程大使と村山元首相が一緒に手ずから植えたもの。石碑には村山氏の直筆による「温故創新」の4文字が刻まれている。

    程大使は次のように述べた。花咲くうららかな春に、豊後梅の前に建てられた「温故創新」の石碑は、村山元首相と大分県の友好的人々の中日友好に対する強い期待を表したものだ。昨年植えた友誼之木は見事な生長ぶりで、大分人材育成・地域文化交流協会など地方の友好団体が中日民間交流と中日関係発展のためにさらなる努力をするよう期待する。

    村山元首相は次のように述べた。現在、友誼之木はまだ比較的小さく弱いが、日中友好のきずなになるものと信じている。日中国交正常化45周年に当たる今年、双方が「温故創新」となるよう希望する。私はすでに90歳を超えているが、両国関係の一層の改善と発展のために貢献したい。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷