ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
律桂軍公使参事官,「走近日企,感受日本」中国大学生訪日団と会見
2018/06/11
 

    6月4日、日本を訪問している第22回「走近日企、感受日本」(日本企業に触れ、日本を感じよう)中国大学生代表団の一行34人が駐日中国大使館を訪れた。律桂軍公使参事官が学生と懇談し、友好交流処の外交官もこれに加わった。

    律公使参事官は先日の李克强総理訪日の重要な成果について説明し、その重要な意義の解説を行い、今回の訪問で申し分ない成功が得られたとし、中日関係が再び正常な発展軌道に戻り、新しい時期に中日両国が二国間、地域・国際レベルでの協力を強めるための新たな空間が開かれ、新しい機会がもたらされたと述べた。律氏はまた中日関係の歴史と現状、さらに日本の経済、科学技術、社会・文化について説明し、歴史を鑑に未来に向かう精神にしたがって、中日は各分野の交流と協力を発展させるべきだと強調した。

    代表団の団長を務める中日友好協会副秘書長の王占起氏が訪問の学習状況について説明した。今回の大学生訪日団は清華大学、中国人民大学、対外経貿大学、北京語言大学、首都医科大学、外交学院6校の学生が参加している。代表団一行は東京、京都などを訪れ、日本の多くの企業を視察するとともに日本の伝統文化を体験し、日本の学生と交流を繰り広げ、日本の一般家庭に宿泊して市民の暮らしを体験した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷