ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
駐日大使館,総領事館と中国企業,豪雨被災地に義援金
2018/07/17
 

    2018年7月13日、程永華駐日中国大使は駐日大阪総領事館の李天然総領事、駐日福岡総領事館の何振良総領事、全日本中国企業協会連合会の王家馴会長を伴い、西日本を襲った豪雨災害に対する見舞いの気持ちを表すため野田聖子総務相と面会し、駐日大阪総領事館、駐日福岡総領事館、全日本中国企業協会連合会から被災地への義援金を手渡した。

    程大使は次のように述べた。先ごろ広範な地域で豪雨災害が発生し、大勢が死傷し、財産が失われた。この場をお借りして犠牲者に深く哀悼の意を表し、その遺族と被災者に心よりお見舞い申し上げる。被災地の人々が一日も早く困難を乗り越え、通常の生活を再開できるよう祈っている。

    程大使は西日本豪雨の被災地に対する駐日大阪総領事館、駐日福岡総領事館および在日中国系企業の義援金の情況について説明し、李総領事、何総領事、王会長がそれぞれ野田氏に義援金を手渡した。

    野田氏は次のように述べた。緊急災害救助の重要な時期に中国側が速やかに支援の手を差し伸べ、被災地への心温まる支援を提供してくれたことに心より感謝申し上げる。日本政府は中国側の要請に基づき、義援金を被災地に届ける。

    13日現在、西日本豪雨災害で204人が死亡、62人が行方不明となっている。今回、駐日大阪総領事館、駐日福岡総領事館、全日本中国企業協会連合会は被災地に総額約2480万円の義援金を贈った。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷