ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
程永華駐日本大使,李克強総理訪日の返礼パーティー開催
 

    5月24日、程永華駐日大使は李克強総理訪日の返礼パーティーを開いた。郭燕公使と大使館関係部署の責任者、日本外務省の秋葉剛男事務次官、杉山明儀典長および経産省、衆参両院、与野党、経団連、商工会議所、日本貿易会、日中友好団体、全国知事会、迎賓館、トヨタ、関係航空会社などアテンド業務を担当した日本各界の代表約150人が出席した。

    程大使はあいさつで今回の李総理訪問のため入念な事前準備を行った日本の関係方面に心からの感謝を述べ、今回の訪問の状況を振り返って次のように述べた。これは中国総理の8年ぶりの日本訪問であり、実り多い成果を収め、両国関係改善・発展の推進にとって重要な意義がある。李総理は中日両国の平和友好協力の船を再出航させるとともに、着実に遠くまで進もうと述べた。安倍首相は双方には競争を協調に転換させる責任があり、日中関係はこれより協調の時代に入ったと述べた。こうした重要な態度表明は今回の訪問の重要な成果を表すもので、両国関係のプラスの方向が指し示された。

    程大使は次のように述べた。今年は中日平和友好条約締結40周年であり、両国関係の改善・発展にとってチャンスとなる年だ。双方が李総理訪問の成果を全面的に実行に移し、友好交流をたえず強め、互恵協力を広げ、関係する問題を適切に処理し、中日関係の健全で安定した発展を推し進めるよう希望する。

    杉山儀典長は日本側を代表してあいさつし、李総理の今回の訪日成功に祝意を述べた。杉山氏は次のように述べた。李総理の今回の訪問の成果は実り多いもので、日中関係が正常な軌道に戻るよう後押した。私は今回の李総理訪問での関連アテンド業務の全行程に加わり、双方が相互信頼を効果的に増進し、日中関係発展の巨大な潜在力が示されたことを深く感じた。今回の訪問を機に、日中双方が両国指導者の相互訪問をさらに推進し、各分野の実務協力を深め、両国関係の発展を後押しするよう希望する。

    パーティー出席者は、訪問の際の素晴らしいひと時を振り返り、今回の李総理訪問の成果を高く評価し、中日関係の前途を前向きに展望して、それぞれの職場に軸足を置き、たゆまず努力し、中日関係のさらなる発展のために貢献したいと口々に述べた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷