ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
張高麗氏,日本経済界代表団と会見 関係改善・発展への貢献希望
2016/09/22
 

    中国の張高麗共産党中央政治局常務委員・副総理は21日、北京の人民大会堂で日本経済団体連合会の榊原定征会長、日中経済協会の宗岡正二会長、日本商工会議所の三村明夫会頭が率いる日本経済界代表団と会見し、懇談した。

    張氏は日本経済界3団体の合同訪中を歓迎すると共に、次のように述べた。20カ国・地域グループ(G20)杭州サミットの期間、両国指導者は中日関係の改善・発展で重要な共通認識(コンセンサス)に達し、努力方向を指し示した。双方は中日間の四つの政治文書と4項目の原則的共通認識を確実に順守し、歴史を鑑とし、未来に向かう精神で、中日関係の平和、友好、協力の大方向をしっかりつかみ、敏感な問題を適切に処理し、交流・協力を着実に推進し、中日関係を共に前進、発展させなければならない。日本経済界は中日友好協力を一貫して積極的に提唱、推進しており、中日関係の改善・発展と各分野の交流・協力の擁護者、促進者であり、今後も努力を続け、同じ方向に進み、優位性によって互いに補完し、協力ウィンウィンを図り、両国の経済・貿易関係の深化と両国関係の改善・発展の促進のため、より大きく貢献することを希望する。

    懇談に参加した日本経済界3団体の責任者は次のように表明した。日中は一衣帯水の隣国で、両国が良好で安定した関係を続けることを希望する。日本経済界は中国の企業界と技術革新、スマート製造、医療・保健、省エネ・環境保護などの分野で協力を強化し、両国の経済・貿易協力促進と両国関係の改善・発展推進のため貢献したい。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷