ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李克強総理,日本の大島理森衆院議長と会見
2018/07/25

中国の李克強国務院総理は24日午後、北京の中南海紫光閣で日本の大島理森衆院議長と会見した。

李克強氏は会見で次のように述べた。今年は中日平和友好条約締結40周年に当たる。中日双方が両国間の四つの政治文書の原則と精神に従い、歴史を鑑として未来に向かい、これまで達成した共通認識を実行に移し、両国関係を正常な軌道に沿って発展を続けるよう推し進めることを望む。

李克強氏はさらに次のように指摘した。保護主義、反グローバル化が台頭する現在の情勢の下、中日両国は多国間主義やルールに基づいた国際秩序、自由貿易体制を共同で守るべきだ。中国は開放の拡大を続け、市場参入をさらに緩和させ、日本を含む世界各国の企業の対中協力拡大を歓迎する。両国が引き続き議会交流というプラットフォームを活用し、立法機関の間の交流を強め、理解を増し、相互信頼を深化させ、両国関係の発展という民意の土台を強固にしていくよう希望する。

大島氏は次のように話した。李克強総理がこのほど日本への公式訪問に成功し、安倍晋三首相との会談で実り多い成果を収め、日中関係を正常な軌道に戻すことができた。日本は、日中間の四つの政治文書の原則と歴史を鑑として未来に向かうという精神に基づき両国関係の発展を推進していくことを願っている。また、両国はこの精神を次の世代に伝える責任がある。日本は中国と立法機関など各分野での交流を強化し、共同で両国関係の安定した発展を推進していきたい。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷