ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
在日中国大使館が日中友好団体と新年会開催
2020/01/08

   在日中国大使館は1月8日、都内で日中友好団体と新年会を開き、孔鉉佑大使がこれに出席し挨拶した。日本国際貿易促進協会の河野洋平会長、日中経済協会の宗岡正二会長、日中協会の野田毅会長、日中友好会館の宮本雄二会長代行、日中友好協会の宇都宮徳一郎副会長、日中友好議員連盟の海江田万里副会長、日中文化交流協会の入江観副会長ら各友好団体の代表、若宮健嗣外務副大臣ら日本政府および政界の代表、在日華僑華人、中国系企業・機構・メディアの代表ら800人余りが出席した。席上、日中友好7団体は習近平主席の訪日を歓迎する宣言を発表した。

   孔大使は挨拶の中で2019年の中日関係の改善と発展の成果を振り返った後、次のように表明した。2020年は中日両国と両国関係にとって非常に重要な年となる。習近平主席は春に日本を国賓として訪問する予定であり、中日関係は新時代を全面的に切り開く重要なチャンスを迎えることになろう。双方が引き続き大局に立脚して同じ方向に進み、両国関係改善・発展の道を一歩一歩しっかりと歩み、そのための好ましい社会的雰囲気を共に作り出し、両国関係改善・発展の政治的意思を社会各界の共通認識と行動に転化させることを希望する。中日友好の基礎は民間にあり、中日関係が順境にあろうとも又は逆境にあろうとも、両国の民間による交流・協力の役割と重要性はいささかも変わるものではない。各界の友人が現在の得難い歴史的チャンスをつかみ、これを生かし、心を合わせて協力し、新しい1年に両国関係が新たな段階に進むよう後押しし、また、両国の友好交流と実務協力で新たな成果が得られるよう後押しすることを希望する。

   若宮健嗣外務副大臣は日本政府を代表して挨拶に立ち、各友好団体が長期にわたり日中友好に尽力してきたことに謝意を表した。若宮氏は次のように述べた。2019年に日中関係は一層の改善・発展がみられた。習近平主席、王岐山副主席がそれぞれ日本を訪れてG20大阪サミットと徳仁天皇の即位礼に出席し、安倍晋三首相も中日韓首脳会議出席のため年末に訪中した。両国のハイレベルでの往来が日を追って盛んになり、各分野の交流が増え続けていることは喜ばしい限りである。2020年は日中関係にとって非常に重要な年となる。日本政府は習近平主席の国賓としての日本訪問を非常に重視しており、中国側と共に、両国関係改善・発展の好ましい動きを守り、両国関係を新たな段階に進めていきたい。2020年は日中文化スポーツ交流促進年でもあり、日本は中国と共に、両国の民間友好往来を一段と強化する用意があり、各友好団体がこのために引き続き積極的な役割を果たすことを期待している。

   日中友好7団体の各代表は挨拶の中で次のように表明した。過去1年に、日中関係は顕著な改善と発展が得られ、日本の各界は大いに勇気づけられた。習近平主席の今春の国賓としての日本訪問を温かく歓迎するものであり、今回の訪問を機に、両国関係の新時代が開かれることを心から期待している。自らの職務に立脚して、両国の各分野の交流・協力の深化を後押しし、両国関係の健全で安定した発展のためにしかるべき貢献をしていきたい。

   日中友好協会の宇都宮徳一郎副会長は席上、習近平主席の訪日を歓迎する日中友好7団体の宣言を読み上げた。宣言は次のように述べている。日中友好7団体は習近平中華人民共和国主席が桜の咲き誇る時期に日本を国賓として訪問することを心から歓迎し、この訪問が日中両国の長期の安定した発展のための礎石となることを願っている。昨年秋、日中両国政府はハイレベル人文(人と文化)交流協議メカニズムの第1回会議を開き、2020年を日中文化スポーツ交流促進年とすることを決めるとともに、2020年東京オリンピック大会、パラリンピック大会と2022年北京冬季オリンピック大会、冬季パラリンピック大会の開催を互いに支持することについて重要な共通認識に達した。われわれはこれにより新時代の日中交流で新たな発展が得られ、両国の世々代々の友好のための堅実な基礎が築かれることを期待している。

   日本の主要メディア、中国の駐日メディア及び在日中国語メディアがこの活動を報道した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷