ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李克強総理と安倍首相 中日大学生千人交流大会に祝辞
2018/08/30

    「中日平和友好条約締結40周年中日大学生千人交流大会」が29日、北京大学で行われた。中国の李克強国務院総理と日本の安倍晋三首相がそれぞれ祝賀メッセージを寄せた。

    李氏は次のように述べている。40年前、中日両国の先輩指導者が平和友好条約締結の決断を下し、法律の形で中日共同声明の諸原則を確認し、両国関係のため根本的指針とよりどころを確立した。最近、私は安倍晋三首相と条約締結40周年の祝電を交換し、双方は条約締結の精神を引き続き堅持し、中日関係の長期的な健全で安定した発展を図らなければならないと共に確認した。中国は日本と互いに歩み寄り、中日間の四つの政治文書を踏まえ、歴史を鑑とし、未来に向かい、互恵協力を深め、共同の発展を促進し、繁栄・安定を守ることを願っている。

    李氏は次のように指摘した。若者は未来を代表している。中日両国の若者が相手方をどのように見るかが両国関係の今後の進む方向と発展に影響を与えるだろう。「流れの遠きを欲する者は、必ず其の泉源を浚くす」。中日関係の長期協力と友好を促し、結局のところ、両国の若者の間の互いの信頼を深く根付かせることに依拠しなければならない。中国政府は今後も両国の若者の相互訪問交流を支持する。両国の若者が今回の大会を通じ、条約締結の精神を振り返り、意思疎通の方式を広げ、互いに練磨して学び合い、理解と相互信頼を増進し、両国関係の長期的な健全で安定した発展を応援、後押しするよう希望する。

    安倍氏は次のように述べた。今年5月の李克強総理の日本公式訪問は日中関係の発展に重大な意義があった。両国は長期の友好的安定した関係を発展させなければならない。若者の肩に両国の未来がかかっている。双方は青少年交流を引き続き推進し、中日友好のため、より多くの橋を掛けなければならない。

    中日両国の大学生1000人余りが今回の大会に参加した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷