ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習主席のBRICS首脳第12回会合での演説全文
2020/11/20

 中国の習近平国家主席は17日夜、BRICS5カ国首脳第12回会合で「互いに見守って助け合い、新型コロナを克服し、手を携えて心を一つに協力を推進しよう」と題する演説を行った。全文次の通り。

 尊敬するプーチン大統領

 尊敬するモディ首相

 尊敬するラマポーザ大統領

 尊敬するボルソナロ大統領

 まずプーチン大統領とロシア政府の今回のBRICS首脳会合のための入念な手配に感謝する。現在、世紀のパンデミックとこの百年なかった変局が交錯し、国際的枠組みが深く移り変わっている。このように重要な時に、われわれが今回の会合を行い、新型コロナウイルス肺炎対策協力の大計を話し合い、BRICS発展の青写真を共に描くことには特別に重要な意義がある。

 世界を見渡せば、新型コロナによって各国人民の生命の安全と身体の健康が巨大な脅威に見舞われ、世界の公衆衛生システムが厳しい試練に直面し、人類社会が百年来の最も厳しいパンデミックを経験している。国際貿易・投資が急激に収縮し、人とモノの移動が深刻に妨げられ、不安定、不確定要素が尽きず、世界経済は前世紀30年代の大恐慌以来の最も深刻な衰退を経験している。一国主義、保護主義、いじめ行為がますます激しくなり、ガバナンスの赤字、信頼の赤字、発展の赤字、平和の赤字が増えるばかりで減らない。

 同時にわれわれは、平和と発展という時代のテーマは変わらず、世界多極化と経済グローバル化という時代の潮流も逆転不可能であると確信している。われわれは人民の福祉を考え、人類運命共同体の理念を堅持し、実際の行動でより良い世界を築くためしかるべき貢献をしなければならない。

 ―われわれは多国間主義を堅持し、世界の平和と安定を守らなければならない。歴史がわれわれに教えているように、多国間主義を守り、公平・正義を追求することで、戦乱・衝突を回避できる。一国主義や強権政治を行えば、紛争・対決がますます激化する。ルールと法治を無視し、一方的いじめや「同盟離脱・条約破棄」を続けることは世界人民の幅広い願いに背くものであるだけでなく、各国の正当な権利と尊厳を踏みにじるものでもある。

 多国間と一国、正義と覇道の争いに直面し、BRICS5カ国は国際公平・正義を断固守り、多国間主義の旗を高く掲げ、国連憲章の趣旨と原則を守り、国連を核心とする国際体系を守り、国際法を基礎とする国際秩序を守らなければならない。各国はイデオロギーを超越し、それぞれの国情に基づいて選択した社会制度、経済モデル、発展の道を互いに尊重すべきである。共同、総合、協力、持続可能な安全保障観を提唱し、協議と交渉を通じ、意見の相違を解消し、内政干渉に反対し、一国による制裁と「ロングアーム管轄」に反対し、平和・安定の発展環境を共同で築かなければならない。

 ―われわれは団結・協力を堅持し、力を合わせて新型コロナによる挑戦〈試練〉を克服しなければならない。現在、ウイルスが依然世界中で猛威を振るい、さらに感染が絶えず繰り返されており、世界中で新型コロナに勝利するには依然苦しい努力が必要である。この1年の防疫闘争を経て、多くの国は新型コロナ予防抑制の面で貴重な経験を積み、治療薬とワクチンの研究開発で顕著な進展を収めた。この1年の新型コロナ対策の実践で証明されたように、一心に団結し、科学的に予防、治療するなら、ウイルスの感染を抑え込むことができ、新型コロナによる影響を克服できる。

 われわれは人民至上、生命至上を堅持し、あらゆる資源を集め、あらゆる努力を尽くして人民の生命の安全と身体の健康を守らなければならない。国際共同予防抑制を強化し、感染情報を共有し、感染対策経験を交流し、ウイルスの感染拡大を阻止しなければならない。世界保健機関〈WHO〉が鍵となる指導的役割を果たすことを支持しなければならない。中国企業は現在、ロシア、ブラジルのパートナーと協力してワクチンの第3期臨床試験を進めており、われわれはまた南アフリカ、インドとも関係の協力を進める用意がある。中国はすでに「COVAXファシリティー」に加入しており、このプラットフォームを通じ、各国、特に発展途上国とワクチンを共有する。われわれは必要とするBRICS参加国にワクチンを提供することを前向きに考慮する用意がある。BRICSワクチン研究開発センターの建設を推進するため、中国はすでにワクチン研究開発中国センターを設立した。オンラインとオフラインを結びつけた方式を通じ、BRICS5カ国のワクチン共同研究開発・試験、工場共同建設、ライセンス生産、規格相互認証などの取り組みを推進することを願っている。私はBRICS5カ国が伝統医薬セミナーを開催し、伝統医薬の新型コロナ予防治療面の役割を探り、世界の新型コロナ予防抑制に有力な武器をもたらすことを呼び掛ける。

 事実が証明しているように、新型コロナの政治問題化や汚名を着せること、「責任転嫁」、責任逃れは世界が協力して新型コロナと闘う大局を妨げることになる。われわれは団結によって意見の相違に取って代え、理性で偏見をなくし、「政治ウイルス」を排除し、各国が手を携えて新型コロナと闘う最大の力を結集しなければならない。

 ―われわれは開放・革新を堅持し、世界経済の回復を促進しなければならない。国際通貨基金〈IMF〉の予測では、今年の世界経済は4・4%のマイナス成長となり、新興市場国と発展途上国は過去60年間で初めてマイナス成長を経験することになる。感染予防の一方で経済の安定を図ることが各国の一刻の猶予も許されない任務である。われわれは安全確保を前提に経済の回復を積極的に推進し、新型コロナ予防抑制常態化の中で経済・社会活動の秩序ある展開を実現しなければならない。マクロ経済政策の協調を強化し、「人とモノの越境移動円滑化イニシアチブ」の実行を促進し、産業チェーン、協力チェーンの安全・円滑を保障し、各国の業務・生産再開、経済回復を後押ししなければならない。

 感染症を利用し「脱グローバル化」を進め、いわゆる「経済デカップリング」、「パラレル・システム」を吹聴することは、最終的に自国と各国の共通の利益を損なうだけである。現在の情勢の下、われわれは開放型世界経済を揺るぎなく構築し、世界貿易機関〈WTO〉を核心とする多角的貿易体制を守り、国家安全保障を口実として乱用し、実際のところ保護主義を行うことに反対しなければならない。新型コロナによって生まれた新たな業態、モデルを利用し、科学技術イノベーション協力を強化し、開放、公平、公正で差別のないビジネス環境を築き、より高い質で、より強じん性のある発展を共に実現しなければならない。

 中国は各国と共にBRICS新産業革命パートナーシップの構築を加速することを願っている。われわれは福建省アモイ市にBRICS新産業革命パートナーシップ・イノベーション基地を建設し、政策協調、人材養成、プロジェクト開発などの分野の協力を進め、BRICS各国の積極的参加を歓迎する。先ごろ中国は「グローバル・データセキュリティー・イニシアチブ」を立ち上げ、平和、安全、開放、協力、秩序あるネット空間の共同構築を推進し、デジタル経済の健全な発展を促進している。BRICS各国の支持を希望する。

 ―われわれは民生優先を堅持し、世界の持続可能な発展を推進しなければならない。発展はあらゆる問題を解決するマスターキーである。新型コロナの影響を排除し、生活を正しい軌道に戻すのは無論、衝突・動乱を収め、人道主義の危機を解決するうえでも、根本的に人民を中心とする発展に依拠しなければならない。世界銀行の予測では、2020年の世界の一人当たり収入は3・6%減少し、8800万人から1・15億人が新型コロナのために極端な貧困に陥る。

 われわれは新型コロナの試練に直面し、国際社会が「国連の持続可能な開発のための2030アジェンダ」の実行を国際発展協力の核心と位置付け、貧困をなくすことを第一に重要な目標とし、資源を貧困削減、教育、衛生、インフラ建設などの分野により多く傾斜させるよう促さなければならない。国連の統一計画・調整の役割発揮を支持し、より平等で均衡のとれたグローバル発展パートナーシップの構築を促し、発展の成果が発展途上国により多くの恩恵をもたらすよう図り、弱者層のニーズをより一層満たさなければならない。

 ―われわれはグリーン〈環境配慮〉低炭素を堅持し、人と自然の調和・共生を促進しなければならない。地球温暖化が新型コロナで止まることはなく、気候変動への対応は一刻の気の緩みも許されない。われわれは気候変動対応のための「パリ協定」をしっかり実行に移し、共通だが差異ある責任の原則を守り、発展途上国、特に小さな島しょ国をより多く支援しなければならない。中国は自らの発展水準に見合った国際責任を担い、引き続き気候変動への対応で苦しい努力をする用意がある。私は最近、国連で中国が国としての自主貢献度を高め、より力強い政策と措置を取り、2030年までに二酸化炭素の排出ピークを持っていくことを目指し、2060年までにカーボンニュートラルを実現するため努力すると宣言した。われわれは言ったことはやる。

 同僚の皆さん

 先の共産党第19期中央委員会第5回総会〈19期5中総、今年10月26~29日開催〉で第14次5カ年計画(2021―25年)策定に関する提案を審議し、小康〈ややゆとりのある〉社会全面完成の奮闘目標を予定通り実現して来年、近代的社会主義国を全面的に建設する新たな征途を開き、新たな発展段階を科学的に捉え、新たな発展の理念を断固貫徹し、国内大循環を主体とし、国内国際ダブル循環が相互に促進する新たな発展の枠組みを積極的に構築する。われわれは大きな努力で内需を拡大し、改革を全面的に深め、科学技術イノベーションを推進し、国内経済の発展に原動力をもたらす。中国の開放の扉が閉じられることはなく、ますます大きく開かれるだけである。われわれはグローバル市場により積極的に融合し、対外協力をより主体的に深め、世界経済の回復・発展のため、より多くのチャンスと余地をもたらす。

 われわれはみな同じ船に乗っている。風が強く波が高い時、われわれは一層方向を正しくし、ペースをつかみ、団結、協力し、風に乗り、波を蹴立てて、着実に進み、より素晴らしい明日に向かって進まなければならない。

 ありがとう。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷