ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李克強氏,第8回中日韓首脳会議出席 協力を強調
2019/12/24

 

 中国の李克強総理は同日午前、成都で韓国の文在寅大統領、日本の安倍晋三首相と第8回中日韓首脳会議に出席し、中日韓協力と地域・国際問題について意見を交換した。

 李氏は次のように述べた。この20年間、中日韓協力は絶えず広がり、深まった。3カ国は互いに重要な発展パートナーで、経済面の相互補完性が強く、産業融合の度合いが高い。幾つかの問題と曲折に遭遇しても、協力を通じてウィンウィンを実現することを堅持し、対話を通じて意見の相違を解決している。第2回中国国際輸入博覧会〈今年9月、上海で開催〉で中国の習近平国家主席は開放協力、開放革新〈イノベーション〉、開放共有の世界経済の共同構築を打ち出した。未来を展望すれば中日韓協力は新たな、より大きなチャンスを迎え、前途は極めて広い。

 李氏は3カ国の協力について次のように提案した。

 ―相互信頼の根幹を固め、協力の大局を守る。互いの発展に客観的、理性的に向き合い、歴史を直視し、未来を開く精神を受け継ぎ、互いの核心の利益と重大な懸念を尊重し、互恵ウィンウィンの協力に焦点を絞り、対話・協議を通じた意見の相違解決を堅持し、協力を深めるため有利な条件をつくる。

 ―トップダウン設計を強化し、協力の方向を明確にする。未来を見据え、戦略的高みと長期的角度から3カ国の協力を計画し、発展方向と重点分野を明確にし、実務協力を深め、パートナーシップを築く。

 ―自由貿易協定〈FTA〉交渉を加速し、地域経済統合を後押しする。中日韓3カ国はみな東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の堅固な支持者であり、来年の予定通りの署名を促さなければならない。中日韓FTA交渉を加速し、より高い基準の自由貿易圏を早期に築き、より高いレベルの貿易・投資自由化、円滑化を実現する。

 ―イノベーション協力を促進し、新たな成長ポイントを築く。中日韓はいずれもイノベーション大国で、優位性によって互いに補完している。3カ国はイノベーション能力を高め、その成果を共有する。

 ―人文〈人と文化〉交流を緊密にし、友好の絆を固める。スポーツ、オリンピック、青少年などの交流・協力を強化する。

 ―環境保護協力を進め、持続可能な発展を後押しする。衛生、高齢化、気候変動などの分野の政策交流と実務協力を強化し、人民の獲得感、幸福感を高める。

 李氏は次のように指摘した。現在、国際的枠組みの深い調整が進んでいる。中日韓は団結協力を強化し、同舟相救う精神を発揚し、多国間主義と自由貿易を断固支持し、挑戦〈試練〉に共同で対応し、地域ひいては世界の繁栄と安定に貢献しなければならない。

 第1、地域の平和と安定を共同で守る。朝鮮半島の非核化実現と平和メカニズム構築は3カ国の共通の利益にかなっている。引き続き対話の進展を図り、各国の合理的懸念を適切に処理し、半島問題の政治解決を後押しし、地域の末永い安定を実現する。

 第2、新たな安全保障理念を共同で実践する。共同・総合・協力・持続可能の新安全保障観を堅持し、安全保障面の共通の利益に基づき、地域全体の安全保障を追求する。国家間の安全保障協力強化は第三国を想定したものであってはならず、地域の安定に影響を与えてはならない。

 第3、開放・包摂を共同で堅持する。相互尊重、公平正義、協力ウィンウィンの原則を堅持し、自由貿易を守り、世界貿易機関〈WTO〉の改革を推進し、「デカップリング」や分断に反対する。

 第4、地域協力を共同でリードする。3カ国は地域の協力の中で協調・連携を強化し、地域協力では東アジアに焦点を当て、発展に焦点を当てるよう導き、東アジアの既存の地域協力の枠組みを維持、整備し、地域各国のニーズによりかなったものにする。

 文氏は次のように述べた。3カ国のこの20年間の実務協力は多くの成果を収め、共同の発展を実現し、北東アジアの平和と安定に重要な貢献をした。現在、保護貿易主義が台頭し、不安定要素が増えている背景の下、3カ国は緊密に協力し、共通の利益を持続的に拡大し、気候変動対応や環境衛生、高齢化などの分野の協力を積極的に進め、力を集中して科学技術イノベーション協力を推進し、知的財産権の保護に力を入れ、人文交流を緊密にし、未来志向の協力基盤を固めなければならない。韓国は各国とともに半島の非核化を推進し、半島の平和と安定を守ることを願っている。

 安倍氏は次のように述べた。この20年間、3カ国の協力は平凡ならざるプロセスを歩んだ。新たなスタート点に立ち、3カ国は経験を総括し、今後10年の協力の青写真を描き、「トリプルウィン」の関係を築きかなければならない。3カ国は人文交流で長い歴史があり、オリンピック、パラリンピックを相次いで開催するのを機に、スポーツ、観光、文化交流協力を推進すべきだ。環境保護、人口高齢化、海洋ごみなどの問題で協力を深めたい。現在の情勢の下、日本は中韓と共に自由貿易と多国間主義を守り、公平、公正で差別のない投資・ビジネス環境を守るため尽力する。

 会議で「中日韓協力の今後10年展望」が発表され、「中日韓+X」早期収穫〈アーリーハーベスト〉事業リストなどの成果文書が採択された。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷