孔鉉佑駐日大使:東京オリンピック·パラリンピックの成功を支持する 北京は東京の成功のバトンを受け継ぐ十分な自信を持っている
2021/06/24

   6月23日、孔鉉佑駐日大使は書面挨拶を発表し、中国側が東京オリンピック·パラリンピックへの支持を表し、北京冬季オリンピック·パラリンピックの準備状況を紹介しました。関連の内容は東京都のウェブサイトに掲載されており、全文は以下の通りです。

   東京の皆さん、ニーハオ!ごあいさつできる機会に恵まれたことを大変うれしく思います。

   過ぎ去った1年は世界各国の国民にとって異常な1年であり、新型コロナウイルス感染症が多くの予測不能性をもたらし、今なお世界の多くの地方が感染症の試練にさらされています。この特別な時期に、人類の奮闘精神を象徴するオリンピックはオンライン、オフラインを問わず特別な役割を果たしています。1年間力を蓄えた東京都、日本政府は国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会と共に困難を克服し、約束通り世界に安全、安心な、素晴らしいオリンピックを届け、世界のアスリートにオリンピックの舞台で自分を表現、夢を追求させるために努力しており、中国大使としても一スポーツファンとしても心から喜んでいます。中国はこれまで通り東京オリンピックの成功をできる限り支援してゆきます。

   東京オリンピック閉幕の数か月後、中国が北京冬季オリンピック、パラリンピックを開催します。私たちは東京の成功のバトンを受け継いで、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会及び国際社会と共に、オリンピック精神を伝え伸ばして、簡素、安全で、素晴らしいオリンピックの祭典を開く十分な自信を持っています。これを踏まえ、私たちはさらに、長い往来の歴史を持つ隣国同士の両国が北京と東京などの友好都市のルートを十分に生かして、五輪を契機により多くの交流を繰り広げ、人や文化の絆を強め、2022年の国交正常化50周年という記念すべき年を迎えるよう期待しています。

 オリンピックの父クーベルタンが「勝つことではなく、参加することにこそ意義がある」と述べている通りです。東京と北京で相次いで燃え上がるオリンピックの聖火は、私たち一人ひとりの心に無限の情熱と闘志を灯し、人類が艱難険阻に打ち勝ち,より良い未来を共に築く原動力に変わると確信しています。友人の皆さん、東京に集い、北京で会いましょう。

                                               中華人民共和国駐日本国特命全権大使

                                                孔鉉佑