ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国側の死傷者と損失にベトナム側から説明ない 中国外交部が批判報道官
2014/06/13

 中国外交部の華春瑩報道官は11日の定例記者会見で、ベトナムは少数の民衆による暴行、破壊、略奪、放火を放任し、中国側に多くの死傷者が出て、財産が失われことについて、いまも説明がないと批判した。

 ベトナム側が中国は軍艦6隻を派遣し、紛争海域の掘削リグを守っているとしていることについて質問に答えたもので、華報道官は次のように述べた。

 中国の掘削リグの作業は民間の活動で、ベトナムが強引に不法な妨害を続けているため、中国は現場の安全を守る政府公船を派遣した。

 掘削リグの作業について中国は何度も立場を表明した。作業は中国の西沙諸島の接続水域で行っている通常のもので、ベトナムが多数の武装船を含む船舶を派遣し、妨害を続けていることにはまったく道理がない。

 ベトナムは国内の少数の民衆による中国を含む外国企業と関係者に対する暴行、破壊、略奪、放火を放任し、中国側に多くの死傷者が出て、財産が失われことについて、いまも中国に対して説明がない。われわれはベトナムが現場でのすべての妨害・破壊活動を直ちに停止し、現場のすべての船舶と人員を直ちに撤収し、中国の主権と主権的権利、管轄権を侵害するすべの行為を直ちに中止することを要求する。

 (掘削作業の期間について)中国の関係機関が公告で非常に明確に述べている。関係海域での中国企業の探査活動はすでに10年行われている。今回の作業は先月2日から始まったもので、8月中旬まで予定している。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷