ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
孔鉉佑大使,「山東と世界500強をつなぐ」日本特設ビデオ会議に出席
2020/11/10

 11月10日、孔鉉佑駐日大使は「山東と世界500強〈注〉をつなぐ」日本特設ビデオ会議に出席するとともにあいさつした。

 孔大使はあいさつの中で次のように述べた。山東は日本と海を隔てて向かい合い、文化が近く、長年経済、文化、社会など多分野で日本と深く交流・協力し、山東に根を下ろす世界500強の日本企業を受け入れ、中国の地方レベル対日実務協力の美しい名刺〈代表的な場所〉となっている。山東は進んで新たなルートを模索し、日本の地方や経済界と提携して数多くのオンライン対話イベントを開催し、感染症拡大下で人的・文化的交流と互恵協力を模索する新たなモデルを作り出し、2国間交流協力の拡大・深化のために新たな原動力を与えた。

 さらに次のように語った。互恵・ウィンウィンは中日関係の発展を貫く1本の太い線だ。この数年、両国指導者のリードと各界有識者の共同の努力のもとで、中日関係に改善・発展が見られた。中日の指導者は手を携えて感染症に立ち向かい、互恵合作を深化させ、人的・文化的交流を拡大し、中日関係を引き続き前進させることを一致して確認した。両国の各界は指導者の重要なコンセンサスを積極的に実行に移し、実務協力を強化し、利益の一体化を深め、両国関係をより高い水準へ推し進めるべきだ。

 また次のように語った。現在中国国内の感染症は効果的に制御され、経済・社会活動は急速に通常に戻っている。中国共産党の19期5中総では、中国が引き続き高い水準の対外開放を堅持し、国内循環を主体に、国内国際ダブル循環が相互に促進する新しい枠組みを積極的に築いていくことが明確にされた。習近平主席はさきごろ、第3回中国国際輸入博覧会の開幕式で基調講演を行い、開放拡大の決心を再確認し、日本を含む世界各国と開放の中で協力を求め、開放の中で発展を図り、開放の中でウィンウィンを実現したいと表明した。中国は世界にいっそう多くの発展の配当〈恩恵〉を及ぼしていき、日本を含む世界各国の経済発展にプラス方向のけん引作用をもたらし、多国籍企業にいっそう多くのより良い投資機会をもたらす見込みだ。双方が今回のイベントを契機にいっそう多くの協力趣意書を交わし、新時代の魯(山東省の別称)日協力の新たな成長ポイントを掘り起こし、両国の経済・貿易協力と2国間関係の健全な発展のためにいっそう強い助力を添えるよう期待する。

 山東省の劉家義共産党委員会書記、李幹傑省長がそれぞれ中村邦晴住友商事株式会社会長、国分文也丸紅株式会社会長、平野信行三菱UFJフィナンシャル・グループ会長とオンラインで対話、あいさつし、山東省の経済発展および

 魯日経済・貿易協力の新たな進捗ぶりを紹介し、日本の各界が引き続き山東に投資して、産業協力の深まりと充実、貿易協力の質向上と効果増大、デジタル経済協力のスピードアップと範囲拡大、第三国市場協力の拡大と深化を図るのを歓迎すると述べた。

 河野洋平日本国際貿易促進協会会長、江島潔経済産業副大臣はあいさつの中で、山東省政府が日本企業の早期の業務・生産再開および中国にいる日本国民の安全のため大きな援助を提供したことに感謝し、双方が一段と交流を拡大し、理解を増進し、経済貿易協力を深めるよう期待すると述べた。

 宋耀明駐日大使館経済商務公使が会議に出席するとともに、産業チェーン企業誘致プロモーション部門であいさつした。

 今回のビデオ対話活動では済南、東京にメイン会場を置き、山東省の16都市にサブ会場を設けた。オンラインで14の魯日協力重点プロジェクトの契約が調印され、総投資額は9・1億ドルに上った。

 注 フォーチュン誌が選ぶ世界の大企業500社をさす。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷