ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国外務省声明
2020/05/20

 2020年5月20日、米国のポンペオ国務長官は台湾地区指導者蔡英文氏の就任を祝う声明を発表し、彼女をいわゆる「総統」と呼ぶとともに、米台の「パートナーシップ」を吹聴した。米国政府の一部の高官と米国の一部の政治屋は蔡英文氏にビデオで祝賀メッセージを送った。米側の上記の行為は一つの中国の原則と中米の三つの共同コミュニケの規定に著しく違反し、中国の内政に著しく干渉するものだ。中国側はこれに強い憤りを表明し、非難する。

 世界に中国は一つしかなく、台湾は中国領土の不可分の一部である。「中米国交樹立コミュニケ」は、米国は中華人民共和国政府が中国の唯一の合法的政府であることを認めると明確に規定しており、この範囲内において、米国人民は台湾人民との間で文化、ビジネスおよび他の非公的関係しか持つことができない。米側の上記の言動は一つの中国の原則と中米の三つの共同コミュニケの規定に著しく違反し、米政府が自ら行った約束に公然と背き、「台湾独立」分離勢力に誤ったシグナルを発し、台湾海峡の平和・安定と中米関係を著しく損なうものである。

 台湾問題は中国の主権と領土保全に関わり、中国の核心的利益に関わっている。中国政府と人民の「台湾独立」分離活動に反対し、国の主権と領土保全を防衛する決意は断固として揺るぎなく、いかなる外部勢力の中国への内政干渉にも反対する決意は断固として揺るぎなく、両岸の統一を実現する決意は断固として揺るぎないものだ。われわれは米国に厳しく申し渡す。「台湾独立」は救いのない一本道であり、「台湾独立」を容認し、支持するのは必ず失敗する運命にある、と。中国の核心的利益を損ない、中国の内政に干渉するいかなる行為も中国側の力強い反撃に遭い、また、中国の統一という歴史の流れを阻むことはできない。中国は米国が直ちに誤りを正し、一つの中国の原則と中米の三つの共同コミュニケの規定を順守し、米台の公的往来および台湾との実質的関係の引き上げを停止し、中国の内政への干渉を停止し、台湾海峡の平和・安定と中米関係を損なういかなる言動も停止するよう促す。

 中国は米国の上記の誤った行為に対し必要な対応措置をとるであろう。これによって生じる結果は米国が引き受けるべきだ。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷