ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習近平主席,菅義偉首相と電話会談
2020/09/25

    中国の習近平国家主席は25日夜、日本の菅義偉首相と電話会談を行った。

    習氏は次のように強調した。中日は互いに重要な近隣国で、協力のパートナーであり、共にアジアと世界の重要な国であり、幅広く利益を共にし、広い協力の余地がある。双方の共同の努力で近年、中日関係は正しい軌道に戻り、好転の勢いを保っている。中国は日本の新政府と共に、中日間の四つの政治文書の各原則と精神に従い、歴史など重大な敏感な問題を適切に処理し、政治面の相互信頼を絶えず増進し、互恵協力を深め、人文〈人と文化〉交流を拡大し、新時代の要請にかなった中日関係の構築に努力することを願っている。私はあなたと共に戦略的リードの役割を果たし、両国関係の新たな発展を後押ししたい。

    習氏は次のように指摘した。共通の利益を持続的に広げ、両国人民により一層幸福をもたらすことが新時代の中日関係発展の本質的要求である。現在、新型コロナウイルス肺炎の感染が依然世界にまん延し、感染対策、経済安定、民生保障が各国共通の政策選択となっている。中日双方は互いに支持し、ウィンウィンを実現できる。中日の経済・貿易協力は感染症の衝撃の中で逆に伸び、高い強じん性と巨大潜在力を示している。中国は現在、国内大循環を主体とし、国内・国際ダブル循環が相互に促進する新たな発展の枠組みの形成推進に力を入れている。双方が安定かつ円滑な産業チェーン・供給チェーンと公平、オープンな貿易・投資環境を共に守り、協力の質とレベルを高めることを希望する。中国は来年の日本のオリンピック成功裏開催を支持する。

    習氏は次のように強調した。中日は共に世界の平和、安定、発展を維持する重要な責任を負っている。双方は人類運命共同体の理念に従い、多国間主義を積極的に提唱、実践し、国連を核心とする国際秩序と国際体系を断固守り、国際的多国間機関と地域協力枠組みの下、意思疎通、協調、協力を強め、手を携えて世界的な各種挑戦〈試練〉に対応し、アジアの繁栄、発展に積極的に貢献しなければならない。

    菅氏は次のように表明した。日本は中国を非常に重視し、日中関係を最も重要な2国間関係の一つとみている。両国は新型コロナウイルス肺炎感染と闘う中で互いに支持している。安定した日中関係は両国民の利益に合致しているだけでなく、世界の平和と繁栄にとっても不可欠である。私は習主席と緊密な意思疎通を続け、両国の経済・貿易協力の強化に尽力し、人文交流を深め、日中関係を新たな段階に進めることを希望する。日本は中国と意思疎通を緊密にし、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の年内調印を確実にし、日中韓自由貿易協定交渉を加速し、地域の産業チェーン・供給チェーンの安定を共に守ることを願っている。

    双方はまた共に関心を寄せる問題について意見を交換した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷